コラム

【厳選】プロポリスサプリおすすめランキング

おすすめのプロポリス

おすすめプロポリスサプリがどれかを知りたい人向け。

「プロポリスは種類が多く、どれを選んでいいか分からない。おすすめのプロポリスサプリメントを知りたいな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、ニュージーランド在住のプロポリス男子です。

このサイトではブログを書きつつ、プロポリスの最新情報をお伝えしています。

近年、プロポリスが注目されるようになってきて、人気になってきています。ただ、プロポリスといってもブランドの種類が多く、どれを選んでいいか分からないですよね。

このコラムでは、「おすすめプロポリスのサプリメントがどれか」が分かります。

そこで、今回は「プロポリスサプリおすすめランキング」をご紹介します。

プロポリスサプリおすすめランキング

ランキングの結果は以下のとおり。

おすすめのプロポリスのサプリは?

1位:マヌカヘルス社プロポリス
特徴 Manuka Health (マヌカヘルス社)のプロポリス。BIO30はバイオフラボノイドが30mg/g含有されていることを表しています。
産地 ニュージーランド
主要成分 バイオフラボノイドが30mg/g含有
内容量 500カプセル/60カプセル
摂取量の目安 4粒/日まで

↑ランキングに戻る
 

2位:マヌカサウスのプロポリス
特徴 マヌカハニーUMF28+を販売している有名ブランド。
産地 ニュージーランド
主要成分 1粒にプロポリス2000㎎含有
含有量 365粒/個
摂取量の目安 1粒/日

↑ランキングに戻る
 

3位:コンビタ社プロポリス
特徴 マヌカハニーでも有名な世界的なブランドのコンビタ製。ニュージーランド産のプロポリスを使用しています。
産地 ニュージーランド
主要成分 フラボノイドが30mg/g含有
含有量 250錠
摂取量の目安 1~3錠/日

↑ランキングに戻る
 

4位:キユーピー ウルトラグリーン プロポリス 180
特徴 4つの有効成分(アルテビリンC・クマル酸・ケルセチン・アレクリン)配合
産地 ブラジル
主要成分 プロポリス60mg/粒含有
含有量 90粒(約60日分)
摂取量の目安 3錠/日

↑ランキングに戻る
 

5位:山田養蜂場 プロポリス300
特徴 アルコール・水・超臨界という3種類の抽出法を採用。ビタミンEを含む小麦胚芽油やα-リノレン酸を含むシソ油など天然由来のものを配合。
産地 ブラジル
主要成分 プロポリス約80mg/球含有
含有量 100粒
摂取量の目安 3~5球/日

↑ランキングに戻る

参考までに、Amazonのプロポリス人気ランキングも参考にしてみてくださいね!

プロポリスの選び方

  • ポイント1:プロポリスの含有量
  • ポイント2:プロポリスの産地
  • ポイント3:プロポリスの形状

ポイント1:プロポリスの含有量

カプセルタイプ製品は、他の原料を混ぜるためにプロポリス自体の含有量が低くなります。プロポリス含有量を確認しておきましょう

ポイント2:プロポリスの産地

プロポリスの産地は様々な場所があります。ブラジル産やニュージーランド産が一般的です。産地により特別な成分が異なるので、目的に応じた産地を選ぶことも大切です。

特にニュージーランド産には他の国々よりも豊富なフラボノイドが含有していることで知られています。

ポイント3:プロポリスの形状

プロポリスの形状には主にサプリメント、液状、スプレー状などがあります。例えば、毎日の摂取にはサプリメント、喉の痛みには液状やスプレーが便利です。目的に応じてプロポリスの形状を選ぶことも大切です。

プロポリスのブランドは様々なものがありますが、価格が安いのが特徴であったり、なかには偽物だったりということがあります。価格だけではなく、信頼できるブランドのプロポリスを選ぶことも大切です。

プロポリスの基礎知識

  • 「天然の抗生物質」と呼ばれるプロポリスとは
  • 活性酸素とプロポリスの抗酸化作用

「天然の抗生物質」と呼ばれるプロポリスとは

プロポリスとは、働きバチが樹木の樹脂を集め、唾液などを混ぜて団子状にして持ち帰ったもの。樹木の樹脂には自らを修復や抗菌力などがあるため、様々な効果を発揮します

例えば、プロポリスはミツバチが巣の隙間を埋めるときに使う漆喰のような物質ですが、時には巣に入った異物にプロポリスを吹き付け、コーティングをすることによって腐らないようにする防腐効果もあります。

特にプロポリスに含まれる抗酸化作用が注目されています。では、抗酸化作用とは何でしょうか。

活性酸素とプロポリスの抗酸化作用

活性酸素は少量であればウイルスなどの外敵を殺しますが、日常生活で運動やストレスなどで過剰に生産されると正常な細胞まで壊してしまう厄介者です。

活性酸素はシワやシミなど老化にとどまらず、心臓や脳などの病気を引き起こす原因の9割にも及ぶと言われています。

その酸化を抑える役割がプロポリスに含まれるフラボノイドにあります

フラボノイドはワインなどのポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持ちます。この抗酸化作用が健康のみならず、美容にも大きな影響を与えることが知られています。

プロポリスの効果

プロポリスが持っている本来の効果は免疫力を高め、症状を緩和・改善する・病気になりにくくすることです。免疫力を高めることは、いろいろな病気や症状に対して効果を発揮するとされています。

  • 風邪・インフルエンザ症状の緩和と改善
  • 喉の痛みの緩和
  • 口内炎・口臭の改善
  • 整胃腸作用
  • 美容効果

風邪・インフルエンザ症状の緩和と改善

プロポリスには抗菌作用があるため、風邪やインフルエンザによる体調の治りを早くすると言われています。

一部の研究では、風邪・インフルエンザの予防する効果はないとされている場合もあり、予防については議論が分かれているところです。

喉の痛みの緩和

風邪・インフルエンザの症状に限らず、喉の使い過ぎによる痛みに対しても効果が期待できます

プロポリスのタイプとしては、喉に直接プロポリスを塗布するリキッド液タイプやスプレータイプが適しています。

口内炎・口臭の改善

プロポリスには抗炎症作用があるため、炎症を抑えたりすることで口内炎の症状を緩和させることができます。

特に口臭の原因のひとつである菌の増殖を抑え、口の中を清潔に保つ効果があるので、口臭が気になる方には最適です。

整胃腸作用

プロポリスには胃酸の過多を抑える作用があり、胃腸を整える効果が期待できます

さらに、優れた抗菌作用で胃腸の病気への原因となるピロリ菌の増殖を抑え、除菌効果が注目を浴びています。同じピロリ菌の抗菌効果としては、ニュージーランド産のマヌカハニーも有名です。

美容効果

プロポリスは食べて健康になるだけでなく、美容効果もあるとされています。プロポリスには皮膚の新陳代謝を活発化させる作用もあります。

特に、シミの原因となる紫外線による活性酸素を抑制・除去する(抗酸化作用)フラボノイドが豊富に含まれています

プロポリスを摂取することによる健康効果が美容効果にも影響を及ぼしているのは、当然といえば当然のことです。健康になりつつ、美容に良いというのはお得かもしれませんね。

プロポリスのよくある質問

  • プロポリスの保存方法は?
  • 子供や妊娠中に摂取しても大丈夫?
  • どのぐらい食べればいいの?
  • プロポリスと相性の良い食べ物は?
  • 犬や猫などのペットにあげても大丈夫?

プロポリスの保存方法は?

強い抗菌力を持つプロポリスは常温保存で問題ありません

一般的に「25度以下の冷暗所で色付きの容器に入れたまま、開封後は早めに使用する。」のが基本。色付き容器に入れるのは、直射日光を避けるためです。気になる方は、冷蔵保存をしておくのもいいかもしれませんね。

子供や妊娠中に摂取しても大丈夫?

プロポリスは医薬品ではなく健康食品なので、こどもや妊娠中の方を対象としたデータは倫理上、集めることはできません。

そのため、こどもや妊娠中の方への摂取による影響がどこまであるのかわからないのが現状です。メーカーによっては年齢制限があり、例えばマヌカヘルス社のプロポリスでは4歳以下は摂取しないようにと記載されています。

どのぐらい食べればいいの?

例えば、プロポリスの有効成分である「フラボノイド」は一度に大量に摂取しても身体への吸収は微量です。

体調が悪いからといって、商品などに記載された摂取量を超えることは望ましくありません。摂取量を守って、毎日継続することが健康増進・健康向上への近道です。

プロポリスと相性の良い食べ物は?

プロポリスと相性の良い食べ物は、プロポリスの効果を高める食べ物です。

例えば、同じハチミツ製品であるマヌカハニーやロイヤルゼリーと組み合わせると良いでしょう。その他にも、ゴマでお馴染みのセサミンなどを配合して効果を高める商品もあります。

犬や猫などのペットにあげても大丈夫?

大切な家族であるペットたち。そのペットたちの健康を考えて、健康食品であるプロポリスをあげることは必然でしょう。

現在まで、ペットたちにプロポリスを与えることで問題になったケースは報告されていません

特に、人間社会と同じくペットたちも多くのストレスに囲まれています。ストレスなどによる酸化を防ぐ抗酸化作用を持つプロポリスをあげることは、ペットたちにとっても様々な効果が期待できます。最近では、犬や猫専用のプロポリス配合商品も市販されています。

NZ在住者厳選!プロポリスおすすめランキングまとめ

プロポリスといってもサプリメントやスプレータイプなどがあるので、ご自身にあったタイプを選びましょう。何よりも続けることが大切なので、価格とのバランスが選び方の基本です。