基礎知識

【回答】プロポリスとマヌカハニーの違いは?

プロポリス マヌカハニー

プロポリスとマヌカハニーの違いや、どちらを選べばいいかを知りたい人向け。

「抗菌作用があると言われるプロポリスとマヌカハニー。違いは何かな?どちらを選べばいいのか知りたい。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、NZ在住のプロポリス男子です。

当サイトではブログを書きつつ、プロポリスの最新情報をお伝えしています。

プロポリスとマヌカハニーはどちらも蜂が生み出す食べ物ですが、何が違うのでしょうか。もし、食べるならどちらがいいのか知りたい人も多いはず。

このコラムでは、「プロポリスとマヌカハニーの違い」や「プロポリスとマヌカハニーのどちらを選べばいいのか」が分かります。

そこで、今回は「プロポリスとマヌカハニーの違いは?」をご紹介します。

プロポリスとマヌカハニーの違いは?

プロポリスは「抗酸化作用」、マヌカハニーは「抗菌作用」です。

  • プロポリスとマヌカハニーは何からできているの?
  • プロポリスとマヌカハニーの効果の違いは?
  • プロポリスとマヌカハニーはどちらがいいの?

プロポリスとマヌカハニーは何からできているの?

ニュージーランドの北島を中心に毎年11月~1月にかけて白い花が咲きます。このマヌカの花から採集したハチミツが「マヌカハニー」。マヌカハニーは豊かな自然環境に恵まれたのニュージーランド特有のハチミツ。

マヌカハニーの有効成分は、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。特に、MGOと呼ばれる食用メチルグリオキサールはマヌカハニーに含まれる成分で、高い抗菌作用があることで知られています。

一方、プロポリスは、植物の樹液とミツバチの体液(唾液)を加工して作られています。植物の修復能力にミツバチの体液(唾液)の殺菌能力を加えることで高い抗菌作用のある黒い物質ができます。

特に、プロポリスの有効成分は、産地や植物によって異なり、概ねフラボノイドや、セルロース、花粉など。特に注目されているのが、フラボノイド。プロポリスは「天然の抗生物質」と言われるほど、抗菌効果が強く免疫力を向上させるとされています。

プロポリスとマヌカハニーは同じ蜂が作り出したものですが、原料が全く違うという特徴があります。

プロポリスとマヌカハニーの効果の違いは?

原料が全く違うのですが、どちらも抗菌作用があるとされています。

プロポリスの場合は、蜂の唾液による殺菌作用とポリフェノールの一種であるフラボノイドが豊富に含まれています。このフラボノイドが、身体のサビ(活性酸素)を抑える抗酸化作用を持つことが分かっています。

一方、マヌカハニーの場合は胃腸を整える効果が優れています。ピロリ菌の除菌にも使われることで有名になりました。色々な論文でも高い抗菌作用が示されていますが、マヌカハニーは風邪を引いた後の回復に役立つといった報告もされています。

では、プロポリスとマヌカハニーはどちらがいいのでしょうか?

プロポリスとマヌカハニーはどちらがいいの?

プロポリスとマヌカハニーは同じ抗菌作用がありますが、主にプロポリスは「予防効果」、マヌカハニーは「回復効果」に優れています。

特に、プロポリスには高い抗酸化作用があるとされているので、活性酸素を抑えることで予防効果があることが分かっています。

プロポリスとマヌカハニーは同時に食べてもOK!

同じミツバチが作り出す「プロポリス」と「マヌカハニー」。それぞれ原料は異なりますが、抗菌・殺菌などの効果が似ているところもあります。

その他にも、お互いにない栄養素も含まれているので、相乗効果も期待できる相性のいい組み合わせかもしれません。

プロポリスとマヌカハニーは自然の食べ物なので同時に摂取しても問題はありません。日常的にどちらも摂取して続けることが大切です。