プロポリスの基礎知識

活性酸素と抗酸化作用とは?

「活性酸素」という言葉を聞いたことがありますか?
この活性酸素による酸化を抑える食品が、
最近ではテレビでも取り上げられるようになっています。

活性酸素は少量であればウイルスなどの外敵を殺しますが、日常生活で運動やストレスなどで過剰に生産されると正常な細胞まで壊してしまう厄介者です。

シワやシミなど老化にとどまらず、心臓や脳などの病気を引き起こす原因の9割にも及ぶと言われています。

もともと身体の中には、この活性酸素が発生しても打ち消す酵素があるため問題にはなりません。ただ、最近では強い紫外線やタバコ、激しい運動などによって活性酸素を対処してきれないようになってきています。

呼吸で取り込まれた酸素が全身の細胞へと運ばれていき、ほとんどの酸素はエネルギーを生成する際に使われます。その中でごく一部の酸素が不安定になって活性酸素となります。

つまり、エネルギーを作り出す過程で出来たゴミが活性酸素なのです。

通常は身体にある抗酸化酵素が活性酸素を取り除いてくれますが、年齢と共に蓄積されてにくくなり、20代から低下が始まって40代から急激に低下することが分かっています。

そして、活性酸素から正常な細胞を守るのが、食品に含まれるポフェノールやビタミンCなどの「抗酸化物質」です。

この抗酸化物質の代表的な食品のひとつが、「プロポリス」です。プロポリスに含まれるポリフェノールの一種である「フラノボイド」が抗酸化作用をもたらしています。