プロポリスの基礎知識

プロポリスとマヌカハニーの違いは?

「プロポリス」をミツバチが作り出すように、「マヌカハニー」も同じミツバチによって生まれる自然の恵みです。しかし、「プロポリス」と「マヌカハニー」では有効成分や得られる効果が異なります。同じミツバチが作り出す恵みの違いについてご紹介します。

「プロポリス」と「マヌカハニー」は何が違うの?

マヌカハニーとは?

昔からニュージーランドの原住民であるマオリの人々が生活のなかで愛用してきたのが、マヌカ(英語名:ティーツリー)です。ニュージーランドの北島を中心に毎年11月~1月にかけて白い花を咲かせます。

このマヌカの花から採集したハチミツが「マヌカハニー」。マヌカハニーは豊かな自然環境に恵まれたのニュージーランド特有のハチミツです。ニュージーランドでは家庭で普通に食べられています。

そのため、昔から擦り傷の治療や保湿などの効果があることが分かっていました。ただ、その当時は何故効果があるのかは分かりませんでした。その後、マヌカハニーの研究が進み、マヌカハニーに含まれるMGO(食品メチルグルオキサール)が関係していることが分かりました。

このMGOに抗菌・殺菌作用があるため、健康効果や美容効果があるとされています。

関連サイト:マヌカハニー大好き.com

プロポリスとマヌカハニーの原料

プロポリスは、植物の樹液とミツバチの体液(唾液)を加工して作られます。一方、マヌカハニーは、主にニュージーランドに生育する「マヌカの花」から働きバチが集めてきたハチミツです。つまり、プロポリスの原料は「植物の樹液と唾液」、マヌカハニーは「花粉」が原料になります

プロポリスとマヌカハニーの有効成分と得られる効果

プロポリスの有効成分は、産地や植物によって異なりますが、概ねフラボノイドや、セルロース、花粉などです。特に注目されているのが、フラボノイド。プロポリスは「天然の抗生物質」と言われるほど、抗菌効果が強く免疫力を向上させるとされています。

関連コラム:プロポリスと「フラノボイド」の関係

一方、マヌカハニーの有効成分は、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。特に、MGOと呼ばれる食用メチルグリオキサールはマヌカハニーだけに含まれる成分で、高い抗菌・殺菌作用で知られています

同じミツバチが作り出す「プロポリス」と「マヌカハニー」。それぞれ原料は異なりますが、抗菌・殺菌などの効果が似ているところもあります。その他にも、お互いにない栄養素も含まれているので、相乗効果も期待できる相性のいい組み合わせかもしれません。