基礎知識

【回答】偽物のプロポリスの手法とNZ在住者が教える見分け方

プロポリス偽物
プロポリスが偽物かどうか見分け方る方法を知りたい人向け。

「プロポリスには偽物があると聞くけど、偽物はどんなものなの?どうすれば本物かどうかを見分けられるのかな。」

こういった要望にお答えします。

こんにちは、NZ在住のプロポリス男子です。

当サイトではブログを書きつつ、プロポリスの最新情報をお伝えしています。

プロポリスといってもブランドやメーカーによって価格が大きく違う。プロポリスを買ってみたら偽物だったということも。

では、どんな偽物のプロポリスがあって見分ける方法はあるのでしょうか。

このコラムでは、「偽物のプロポリスの手法」や「NZ在住者が教える見分け方」が分かります。

そこで、今回は「偽物のプロポリスの手法とNZ在住者が教える見分け方」についてご紹介します。

偽物のプロポリスの手法とNZ在住者が教える見分け方

偽物の手法を知っておくことが大切。

  • 偽物のプロポリスはあるの?
  • 偽物のプロポリスの手法とは?
  • 偽物や粗悪品のプロポリスを買わないためには?

偽物のプロポリスはあるの?

プロポリスの生産量は6万匹の蜂から1年で100~300gしか採取できないため、希少で高価です。

そのため、偽物とまでもいかないものの、低い濃度のプロポリス原液を垂らしたプロポリスまがいの商品も流通しているのが現状です。

偽物のプロポリスの手法とは?

残念ながら市販されているプロポリスの中には粗悪品が混ざっていることが報告されています。

例えば、ポプラの樹脂をプロポリスとして偽る事件もありました。この場合は、人工的に抽出したフラボノイドをポプラの樹脂に添加していたそうです。

フラボノイド量の検査をしても偽物かどうかを見分けることができなかったそうなので、知識の少ない消費者が知らずに手に入れている可能性もありますね。

価格だけでなく、成分量や証明書、メーカーブランドを考慮してプロポリスを選びましょう。

偽物や粗悪品のプロポリスを買わないためには?

偽物や粗悪品のプロポリスとされている多くは、「価格が極端に安い」や「知られていないブランドだった」という特徴があります

日本では海外から輸入したプロポリスに会社独自のラベルをつけてオリジナルブランドとして販売されていることがあり、これらのプロポリスは会社の知名度や信頼を利用して市販していることになります。

  • 価格が極端に安いプロポリスは避ける
  • UMFやMGO量が正しく明記されている
  • 養蜂メーカーが市販するプロポリスを購入する

価格が極端に安いプロポリスは避ける

プロポリスに限らず、価格が相場と比べて安いと思わず買ってしまうということがありますよね。プロポリスサプリも種類が多く価格も違ってくるので、なるべく安く買いたいという心理をついて偽物が販売されています。

さらに、偽物とまでもいかないまでもプロポリスの品質管理ができていないもの、賞味期限が短いものが市販されていることがあります。

価格が安いのには理由が必ずあります。安い価格だけに注目していると、粗悪品を身体に取り込んでいる可能性もあるので注意しましょう。

フラボノイド量が記載されている

プロポリスの注目成分はフラボノイドです。このフラボノイド量によって、プロポリスの品質が決まるといっても過言ではありません。

実は、プロポリス量の多さをアピールするブランドやメーカーもありますが、プロポリス量といっても、その総量にはフラボノイド以外の成分やゴミなどのような量も合わさった量になっています。

そのため、ニュージーランドの養蜂メーカーが市販するプロポリスの多くはプロポリス量だけではなく「フラボノイド量」がパッケージ容器に記載されています。

プロポリスのフラボノイド量を表示している例:

  • Bio:マヌカヘルス社の指標
  • PFL:コンビタ社の指標

メーカーやブランドによってフラボノイド量を示す指標が異なりますが、BioやPFLもフラボノイド量を表しています。例えば、Bio30は1g中に30mgのフラボノイドが含有していることを示しています。

マヌカヘルス社もフラボノイド量によって「Bio30」や「Bio100」といった表示があるので、プロポリスを選ぶときには数値に注目してみましょう。

養蜂メーカーが市販するプロポリスを購入する

偽物とされているマヌカハニーの多くは知られていないオリジナルブランドとして販売されているケースがほとんどです。

これはプロポリスに添加物を加えたり、プロポリス以外の成分を多く混入させしやすいためです。

「ブランドやメーカーが知られていない=偽物」とはなりませんが、あまり聞かないブランドやメーカー名であれば何かのメリットがないと有名ブランドに負けてしまいます。

そこで、価格が極端に安い品質の悪いプロポリスがなどが市販される原因になっています。

こういった偽物や粗悪品を買わないためには「信頼できるブランドのプロポリス」を購入するのも方法の一つです。

偽物や粗悪品のプロポリスを避けるには「価格」や「ブランド」が重要!

ニュージーランドでもプロポリスが市販されていますが、オリジナルブランドで市販されているものよりも養蜂メーカーが製造・市販しているものが人気です。

偽物のマヌカハニーを選ばないためには、極端に安いマヌカハニーを避けること、フラボノイド量を参考にすること、さらに信頼できるブランドのプロポリスを選ぶことが重要になりますね。